2008年10月23日

松の下で

私心さえ除き去るならば、
進むもよし退くもよし、
出るもよし出ざるもよし。

(by 吉田 松陰)


左に貼ってあるブログパーツって凄い!?
悩んでることにちょうど答えてくれる。

ヒトトさんイラスト5A.jpg

松蔭先生といえば萩・松下村塾。長州ですね♪
長州といえば『くりラジ』の本拠地だし
なにか暗示めいたものを感じる。
これは、山口に行くっきゃないかぁ〜。

前回、電気が走った名言の主、幸之助さまも
読み方こそ異なれど松下政経塾を主催された・・・

う〜〜んっ、松の下にお宝が眠っているのか???

地元酒田には『本間さまには及びもないが、せめてなりたや殿様に』
といった唄が流行るほどの財力で名高い本間家がある。
酒田五法を考案した江戸時代の相場師・本間宗久がその富の基盤を作ったことで有名だが、
風砂の被害から町を救うために黒松の防砂林を植林した
公益事業の家としても有名である。


さて、黒松の下で物思いにでも耽ってみようか。


posted by はなさかラジオ at 11:34 | Comment(0) | ★日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。